自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

オンドル床暖房

先月お引渡しした猪苗代の家におじゃましてきました。

猪苗代町は私が住む会津若松市よりも少し雪が多い程度でしたが、寒さはやはり厳しいです。

この時の外気温はマイナス4℃でした。

でも家の中は深夜電力で温められたダイニングキッチンの

オンドル床暖房の余熱だけで十分に暖かかったです。

以前、ある地方で気分が悪くなるほど熱い床暖を体験した事のあるのですが、

こちらは家の中で軽い日光浴してるみたいですごく気分が良いです!!

オンドル床暖にしていない床部分は厚み4センチの秋田杉!

こちらもヒンヤリしなくて気持ち良い、と家族から大好評でした!!

確かにサラッとした感じでイイんです!

これなら全館床暖にしなくてもOKですよ!!

自然素材の家 志木siki

星 英樹

毎日暑いけどオンドル床暖房の設置です。

いつもの年ですと、会津はお盆過ぎれば一気に涼しくなっていたものですが…..。

今年の会津は処暑を過ぎても気温が連日35度前後まで上がっています!

とは言え、会津や猪苗代には毎年間違い無く冬将軍がやって来ます!

今回の猪苗代の家も1Fにはオンドル床暖房の施工をしました。

石の下にはオンドル熱線が設置されています。

深夜電力時間帯に熱線で写真の石を加熱してその余熱で暖を取る方式です。

使用状況にもよりますが、一度石が温まれば約12~16時間は温かさを維持できるようです。

温風ヒーターなどとは違い風を起こさないのでジンワリ暖かい!って感じでしょうか!

石焼きイモをイメージすると少し解りやすい、かな?

ついでにお話しすると…熱伝導が悪い無垢の木の家は体温を奪わないので温かいのです。

同じ木の家でも表面がピカピカのウレタン塗装したものや合板はヒヤッとしますので

体温を奪われて寒い、冷たいと感じます。

それにしてもこの暑さ…いつまで続くのだろう?

今日もビール指数高そうですね^^

自然素材の家 志木siki
星 英樹

家庭用低温サウナ

暑い日に『温かい』話しで恐縮なんですが、

先日、リフォーム工事にて『家庭用セラミック低温サウナ』を設置してきました。

このセラミック低温サウナは寝ながら体を温める、と言うタイプです。

セラミック低温サウナは一般的にイメージする『サウナ』とは見た目も内容も違います。

上の写真を見てもピン!と来ない方が多いと思いますね。

一般的なサウナは室温が約90~100℃にもなり、空気が乾燥して心臓や肺にも負担がかかり、

健康体以外の方や高齢者がこれで体を温め健康に向けて、と言うのは少々無理がありました。

そこで50℃前後に設定した低温サウナでゆっくりと体を温めて体の免疫力を上げましょう!

と言うのが家庭用セラミック低温サウナの最大の狙いです!

最初の20分位は全然何とも…..と言うのが私の正直な感想ですが、その後からジワジワ…

体が温まってくるのがわかります!

40分位いると結構、汗もかきます!

汗と言えば!

サウナや岩盤浴の独特の臭い!

特に女性に苦手な方が多いと思います。

この低温サウナのセラミック自体が消臭してくれるので、

あの独特なサウナの汗の臭いはほとんど気になりません!

もちろんセラミックは天然成分です!

自然素材の家 志木siki
星 英樹

病気予防の第一歩 !!

こんにちは!

志木の星です!!

会津若松市内の雪もだいぶ解けてきましたがまだ寒さを感じますね!

まだまだ 暖 が恋しい会津です。

施工中の会津美里町の家では家庭用遠赤低温サウナが設置されました。

冬が長い会津では、温泉やサウナが重宝されますが…。

100度前後ある従来のサウナでは健康体の方以外は長い時間入れず、

メリットよりデメリットの方が多いと最近言われているようです。

今回の家庭用遠赤低温サウナは普段、小上がりや机として使用できるマルチタイプです。

今年の初めにお施主様と温泉施設で体験してきた遠赤低温サウナ。

約40分程のサウナタイム!!

私の感想は…半日経っても体が温かいのが体感できました!!

家庭用なので横になってゴロゴロ、リラックスしてサウナするのも良いでしょう!!

体の芯までじんわり温めて免疫力を高める事は病気予防の第一歩だと私は思います。

自然素材の家 志木siki
星 英樹

床暖施工の様子~

コレ、あったかくて気持ちいいね~!!

会津美里町の現場で作業中の職人さんが口にした言葉です。

オンドルの試運転で温めた床がホカホカしていい感じ!

作業中の左官職人さん、イイねぇ~連発してました!

深夜電力時間帯に暖めた自然石はオンドルの電源を切ってもしばらくあったか長持ち!!

なかなか冷めないのがオンドルのメリットでもありデメリットでもあると思います。

志木のオンドルは遠赤効果が高いセラミックを使用してあるので高い暖房効果が期待できます!

またヒトは寒いとき心臓から遠い手足から冷えていく言われています。

床暖で足を暖めるという事は効率的にも健康面にも良いはず。

冷え性の方には、最適な暖房器具ではないでしょうか!?

オンドルのメリットはこの他にもたくさんありますが又の機会にブログしますね。

自然素材の家 志木siki
星 英樹

温度計は氷点下、でもあたたかい!

昨日から寒さが戻ってきた会津地方。

今朝の気温はマイナス5℃

車のドアが凍ってなかなか開きませんでした。

しかし、今朝のように外気温がマイナス表示の時でも太陽光に当たると瞬時に暖かさを感じます。

何故でしょう?

太陽光の中には可視光(七色の虹)と呼ばれる目に見える部分と

目には見えない紫外線と赤外線があります。

この目に見えない部分が重要!!

虹の紫色の外側にあるのが紫外線で、これは日焼けなどの原因ともなります。

そして、虹の赤色の外側にある赤外線には物を温める効果があると、

約200年前に発見されたのが遠赤外線活用の始まりとなるようです。

私たちが太陽を浴びて暖かく感じるのは赤外線のおかげのようです。

この遠赤外線を利用した暖房器具は、世にたくさん出回っておりますが、

今回、志木ではオンドル床暖房と家庭用サウナに活用したいと思います。

自然素材の家 志木siki
星 英樹

自然石を温めてじんわり床暖房

会津美里町の家、1Fにオンドルの施工が始まりました。

でも「オンドル」って聞きなれない言葉かも知れませんね!

私もはじめはピンと来ませんでした!

実はお隣、韓国ではこの「オンドル・温床」はどこの家にもある床暖房設備らしいのです。

本場では釜で薪を焚いてその煙突のようなトンネルを床下にくぐらせ

反対側の煙突から煙を出す。

その間に床下から部屋全体を暖めるのがオンドルの原点。

現在は韓国でも温水パイプや熱線を床下に敷くのが一般的みたいです。

志木ではメンテナンスフリーの熱線タイプを使用します。

電気料金が安い深夜電力を利用しオンドル熱線で自然石を暖めて蓄熱させます。

その自然石からの放熱でじんわり、体と部屋全体を暖める暖房システムです。

深夜電力で暖められた自然石からは約20時間放熱が続きますので暖かさが長持ちします!

このオンドルは部屋の空気も汚れませんし部屋を広く使えることも利点ですね!

志木のオンドルは遠赤効果が高いセラミックを多様するのもポイントです!!

自然素材とオンドルの組み合わせで心地良い住まいが出来上がりますよ!!

自然素材の家 志木siki
星 英樹

オンドル床暖房

会津地方、寒い日が続きます。

毎日寒いですが会津美里町の現場は順調に進んでおります。

その寒い寒い雪国会津の生活に欠かせないのが暖房設備ですが、

この度、セラミックから発生する遠赤外線を利用したオンドル床暖房を会津美里町の家に設置することにしました。

以前よりヒノキ風呂などに設置していたオンドル。

今回は1Fフロアーに設置します。

寒い冬を、じんわりと暖めてくれるこのオンドル。

経済性、耐久性にも優れ人と家にも優しい暖房です。

数年前からイメージしていたものをようやくお客様に提供できます。

詳細は後ほど!

自然素材の家 志木siki
星 英樹