自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

今回は柿渋を使いました。

こんばんは、志木の星です。

会津は夏日で気温も27度前後あったようです(汗)

そんな暑い日、志木の建具部では福島県の中通り地方の改装工事現場に取り付ける

建具の塗装が行われていました。

普段はリボスを塗る事が多いのですが今回はオーナーの要望もあり『柿渋』です。

下駄箱の扉や先日ブログしたナラの天板の下に使われる引き違いの扉などに塗りました。

塗装前

2回塗ると

イイ色に仕上がりました(汗)

柿渋の成分が木の表面を強くし更に天然の防腐剤の役目をするようです。

特に水場などの木に塗ると良いと聞きました。

そして会社に遊びに来ていたお客さんが、

昔はその柿渋を網に染み込ませて使っていたんだ!(漁業に使う網の事です)

昔はナイロンの網ではなく綿で網を作っていたそうで網を丈夫にするために

柿渋に漬けてから漁をしてたと言ってました。

丈夫になるのはいいことです。