自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

住まいと健康

住まいと健康

志木の家づくりは国産無垢材※1や海泥、自然塗料などの自然素材を用いて家族が健康でいられる家づくりをしております。
様々なアレルギーや過敏症さらにはアトピー皮膚炎の方でも抵抗が無く安心して暮らす事ができます。
また平成23年3月11日の東日本大震災以後、日本では節電、省エネが騒がれました。当社では以前より独自の『自然換気システム』にてエアコンに極力頼らない住まいを考えており実践して参りました。なるべくエアコンに頼りたくない、エアコンの風が苦手という方には良いでしょう。将来やってくる資源と電力不足の時を想定して自然を味方とした住まいづくりでなければならないと私たちは考えます。

※1志木では土台、柱、梁、桁などの構造材は高温乾燥した人工乾燥材は使用せず、自然乾燥材を使用しています。詳しくは下の構造材、をご覧下さい。

無垢の木の家と工業化製品(新建材)の家の違い

まず家族が家づくりに求めるものの一つとして快適さや居心地ではないでしょうか。

無垢の木の家は調湿効果が高いので夏でもサラッと、冬はヒンヤリせず温かみがあるのが無垢の木の家の最大の特徴でしょう。
合板フローリングと無垢の木を触り比べると、合板フローリングは触ると自分の体温がすばやく奪われるのでヒンヤリ感じます。 一方無垢の木は熱伝導率が低く触っても身体の熱が奪われにくい為心地よく感じます。
これは冬の暖房効率にも顕著に差が出てきます。
部屋の内装仕上げ材が合板類や表面がアクリルやウレタン塗装された木材などの場合は冬暖房器具をつけても部屋が暖まりにくく、暖房器具を止めるとすぐに寒くなりやすいのです。
本物の無垢の木の家と、人工の建材の家とではここが大きく違います。
建物の気密も大事ですが素材選びも同じ位大事です。

さらに冬になると日本各地で大流行するインフルエンザも無垢の木の家や木造校舎では発生率が低いとの調査報告もあります。これは木の調湿効果でインフルエンザウィルスが活性化できないお陰と考えられています。

1
さらに木の香りはダニを寄せ付けない効果もあるようです。

木の家は時間が経つにつれて艶が出て木の色にも深みが出てきます。たとえキズがついてしまったとしてもお施主様自身で補修が可能です。
多くの志木のお客様はキズに対して、『キズは付くが最初だけで今は気にしていない!』などキズを嫌味に感じないばかりか素材に対して親しみも生まれてきます。
逆にプリント化粧板のような工業化製品は新築時綺麗ですが時と共に劣化していく一方です。キズもキズのままで目立ってしまうのが工業化製品です。

家具・建具も健康的に!

志木の家では下駄箱、食器棚、収納棚などの家具も家族に合わせて手作りで製作し取り付けさせて頂いております。特にキッチン周りに関しては高価な物が良い、とは限りません。いかに奥様の使いやすいような個性的なキッチンにするかがポイントでしょう。
ほとんどのHMや他工務店では作り付け家具は別料金になると思いますが志木では住宅本体工事に含みます。※1
※ 1 独立したテーブル、椅子、ベッドなどは別料金となります。

2
3
4

またお施主様の多くはお引渡しに合わせて市販の家具を購入すると思います。
市販の家具を購入した時、ツンとした臭いを気にしたことはありませんか?
人によっては気分が悪くなることもあります。
これではせっかくの無垢の木の家が台無しです。
臭いの原因は家具の塗料や接着剤、うすめ液として使われているトルエンやキシレン、ホルムアルデヒドです。
市販の家具につかわれている化学物質が揮発して室内に充満するのです。

住宅に使われる建材には建築基準法によってホルムアルデヒドの規制がされていますが、家具には規制がありません。
市販の衣類タンス本体からは衣類にホルムアルデヒドが移染する事が試験で確認されています。
肌の弱い子供やお年寄りには特に健康に良くないです。
有害化学物質が気になる方には家本体よりも気にして頂きたいポイントです!

夏は涼しい家!

5
(自然換気システムの写真と解説)

 『暖かい空気は上昇する』この特性を利用して志木の家は夏場など極力冷房に頼らない住まいを実現しております。
建物内の上部に溜まった暖かい空気を外へ逃がしてやることで床下のコンクリートで冷やされた冷たい空気が室内に吹き上がって行きます。
特に無風で窓から家に風が入って来ない時などはこの上昇気流を利用し、縦に空気を流す事で涼を得るシステムです。
夏場は室内の空気に動きを作り出す事でエアコンや扇風機とも違う、体にとって自然な空調となってくれます。
もちろん、電気料金はかかりません。

お客様からは『エアコンを使うのは年に数回です!』『猛暑日でも家に入ると本当に爽やかです!』『空気がいつも新鮮なのを感じる!』と好評を頂いております。
自然換気システムは涼を得るだけではなく、家の中の空気がこもりません。
新鮮な空気で朝を迎える事が出来るのは家族の健康への第一歩です。

※このシステムは上昇気流を上手に使っています。上昇気流は建物の高さがあるほど生じやすくなります。

自然素材の事

構造材

山から切り出されたばかりの木は水分を多く含みますので柱や梁などの建材として使うには『木の乾燥』が必要になってきます。
そこで材木屋さんが行う木材の乾燥方法は大きく分けて『人工乾燥』と『自然乾燥』の2つに分かれます。

志木の家で使用する柱などの構造木材は自然乾燥材にこだわります。
こだわる理由を数点お話しますと日本では古来より神社などにも自然乾燥材が使われており風、雨、雪に耐え今でも立派に現存しています。
自然乾燥材で造られた建築物は数百年持ちこたえたと言う実績がありますが、人工的に乾燥させた木材や集成材は誕生してまだ約100年そこそこでまだ実績がありません。丈夫です、と言われていますが耐久性が未知です。
短時間で人工乾燥した木材の場合、木材の表面はワレが無く本当に綺麗に仕上がります。しかし!木材の内部に『内部ワレ』を発生している場合が多く、人で例えるなら骨粗しょう症のような常態になっている事が多く強度が心配です。
この内部ワレは外からの肉眼では全く判らない為に問題と思います。
さらに、人工乾燥材は木の脂分も水分と一緒に抜いてしまう為に、木の香りがしないばかりか、調湿する力もほとんど無く、湿気などの水分を吸うとその水分を吐く事が出来ない為にそのまま木の中に水分が残りカビが発生する事例が多くあります。
木の家を好むのであれば、構造材の乾燥方法にもこだわってみて下さい。

[ 内部割れした人工乾燥材 ] img_1065

志木の家で使用する柱は奈良県吉野杉の自然乾燥されたものを使用します。
吉野杉の最大の特徴としまして年輪と年輪の幅が狭く強度があり木目が綺麗、と言う事でしょう。
吉野の林業は『密植』と言う方法で樹を育てます。一般的には1万㎡に約3000千本植えるのに対して、
吉野林業では1万㎡に8000本~1万本の木を植えてます。
密植して植える事で成長を遅らせて、目の詰まった木を育てます。さらに間伐して良質な木のみを生産します。
柱は赤身が多いので国産木材の中で同じ四寸柱の白い柱と比較すると赤身の柱は湿気や蟻にも強く十分な耐久性があります。
吉野杉は木造住宅の構造材としては申し分なく、国内最良と言えます。
志木では奈良県吉野より独自ルートで産地直送しておりますのでお客様へ適正価格での提供が可能となっています。

[吉野杉の断面] dsc01869

6
※年輪の中心部の赤茶色をした芯材を赤身と言い、外側の白っぽい色をした部分を辺材または白太と呼びます。
辺材(白太)が多い木材は水分が多く、湿気に弱い為に構造材には向いていません。

ハイブリッド無垢秋田杉フローリング

志木の家のフローリングは、こだわりの厚さ4cmの無垢秋田スギが標準フローリングです。
このフローリングの良さは何と言っても、足あたりが良くはだしで歩いても寝転がっても気持ちが良い事です。
秋田の空の下、数ヶ月間自然乾燥させた後更に45℃の窯の中で超低温乾燥させたフローリング材は
本来、木が持っている防カビ、防虫成分である木の精油をそのまま残した本物の健康フローリング材です。

7
お客様からは『ウチは年中裸足で大丈夫!』『来客された方に床暖?と聞かれた!』
『冬、夜中にトイレに歩いてもヒンヤリしない!』などなど大変喜ばれております。
秋田スギはスギの中でも特に適度な柔らかさがあり長時間立っていてもあまり疲れません。
万が一転倒した時も硬い合板と比較するとケガのリスクが低いはずです。
真冬でもぬくもりがある理由は、年輪と年輪との間の空隙(くうげき)という部分が多いからだと思います。
同じ杉でもそれだけ違いが出ます。
他の杉と比較しいても雪国には秋田杉が合っていると思います。
また柔らかいので表面にキズは付きやすいですが、ある程度のもどりもありますしそのキズが家に馴染むと言うのか、嫌味に感じる方が少ないようです。
5年10年と経つうちにフローリングの色が飴色になり『味わい』へと変化していきます。
それから志木の家では見えなくなってしまう床下地にも国産材を使用しておりますので安心してください。

自然の木が持っている主要成分や精油成分は家の中の抗菌作用を自然と行なってくれます。
一般的な無垢床材よりも時間や手間がかかりますが、色も香りも良く木が呼吸をし室内の調湿もしてくれます。
本物の健康フローリング材です。

※多くの工務店ハウスメーカーで使用する無垢フローリング材は100℃前後の高温乾燥機で木の含水率と精油成分を飛ばします。
そうする事で『木』は動かなくなります。(呼吸、調湿しない、と言う意味です。)
施工する側(ハウスメーカー)からすればその木はとても都合が良い木です。
見た目は木のフローリングですが、それはもう死んだ木ですので、呼吸(調湿)も抗菌効果も期待出来ません。
志木では自然の木から半永久的に醸し出す精油成分で家の抗菌を行ないますので多くのハウスメーカーが使用している
ネオニコチノイドなどの薬品は使用していません。
赤ちゃんや体の弱いお年寄りにも極めて安心です。

毎日の掃除は掃除機やほうきを使って頂いて大丈夫です。
中には自然塗料を購入してご自分で数年に一度塗られている方もいらっしゃいます。
これから建築を予定している方には秋田スギフローリング実物を触れてみる事をお勧めします。
厚み4センチが醸し出すぬくもりと高耐久性が売りの床材です!

日本の天然素材の代表格でもある『畳』も今や中国産が多くなってきました。
中国産は一見、色鮮やかに見えますがほとんどが人工的に着色されたものです。
志木の家で使う畳はもちろん国産い草を使った本畳です。月日と共に使い込むと青色から黄金色に深い色合いになっていきます。
赤ちゃんがいるご家庭には国産畳の住まいをお勧めします。
8

志木の手作り建具

志木の家の室内建具は標準仕様として自社製の木製建具となります。
多くの工務店は建具屋さんへ依頼して製作取り付けする事が多いですが、志木では自社建具職人が製作から取り付けアフターまで一貫して行います。

9
10
家具ばかりでなく建具も有害物質が使われていることが例外ではなく志木は無垢にこだわります。
家と同じく建具もお客様と一緒にデザイン、カラー、ガラスなどを細かく打ち合わせ致します。
他所なら高価になってしまう自分だけのオリジナル建具も志木ならお施主様のご要望も取り入れる事が多々あります。

11
表面だけ『木』のプリントを貼り付けた建具とは違い強度、耐久性は本物です。
何十年も使える無垢の建具は長く住む家には不可欠です。
また時が経っても無垢の木特有である『木の味わい』も楽しめます。
自社製木製サッシも『結露しない』『冬、窓際にいてもヒンヤリしない』などとお客様より好評を頂いております。
こだわりの木製玄関ドアにしたい。玄関は格子戸にしたい。和室は雪見障子にしたい。寝室にはおしゃれなガラスを使いたい。
あなたの好みをお聞かせ下さい。
毎日の生活が一層楽しくなりますよ!

海泥のセラミック活用(室内壁)

志木の家の室内の壁材に海泥セラミックが使われています。
まずどのようなものなのか説明します。
海泥セラミックの原石は藻類、海草、貝類などの生物類が地殻変動により海泥として埋没堆積し、数千万年を経過した天然資源です。
12
志木ではこの原石を粉砕し焼成した粉末セラミックを高機能壁材として使用しております。
この天然海泥セラミックは壁材の他にも国内外の有名化粧品ブランドの化粧品原料や土壌水質改善材料、機能性繊維などの衣料分野など各分野で幅広く使われております。

珪藻土にやや似ていますが、決定的に違うのが、この海泥セラミックには
天然の酸化チタンが含まれており『触媒』効果があります。
ウィルスやカビ、生活の匂い成分など生活する上で人体の健康に好ましくない物質を吸着し
触媒作用をするので、家の中は半永久的に無臭で心地よい室内環境を保ちます。
『触媒』とは、例として自動車のマフラーをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。
エンジン内で燃料が燃焼すると排気ガスが発生します。
そのままですとマフラーから空気中に多くの有害物質を撒き散らす事になります。
そこで車のマフラーには『触媒』が設置してあり、その触媒で有害排気ガスを浄化して排気しているのです。

近年、海泥はインフルエンザなどのウィルスにも有効なのが研究の結果分かってきました。
さらにカビの抑制除去効果も食品研究所にて試験の結果、除去率98%との数値が出ました。
部屋の中はいつも気持ちよく深呼吸ができ、自然かつ衛生的です。
海泥は市販の防カビ剤とは違い化学薬品、強力な薬品ではございません。
海泥セラミックは100%自然から採取される大変貴重で本物の自然素材ですので体に安全です。

またご希望により基礎コンクリートや外壁材(塗り壁の場合)にも防汚目的の為に混ぜて打設しています。
一般的なコンクリートや外壁材と比較して汚れにくくなります。
※自然の石や葉っぱが汚れない、のと似た理屈です。

海泥と市販の珪藻土を比較すると消臭効果の性能が高い事、臭いが0になる事が実験の結果明らかになっています。

13
無垢の木の香りとの相乗効果なのでしょうか、志木のお客様は家の中で市販の消臭剤、芳香剤を使っていない方がほとんどです。それでも家庭臭は全くありません。

【セラミック・お客様の声】
東京都三鷹市下連雀  や乃家様
店舗改装をお願いして5年目になりますが、無垢の木材を使用して頂いたお陰で冷暖房の光熱費が抑えられています。特筆は海泥セラミックを使った塗り壁が消臭効果抜群でありまして客室、手洗いにおきましてお客様より (店舗内が心地良い)(トイレが無臭)と大好評を得ております。
都内で飲食店を営業している当店にはかなりの改装効果でありました。