自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

粋な大工

明日から12月ですね!! 今年も残すところあと一ヶ月です。

皆さんやり残してる事とかありませんか?

そして志木の家の現場(会津若松市)では上棟2日目を迎えました。

 

天気予報で雪または雨の確率70%と言ってましたが小雨程度でほとんど支障なかったです。

よかったよかった!!

志木の家、一階部分を眺めると柱が多くて建物の向こう側があまり良く見えません。

一般的な工務店などは一坪に対して柱が2本の割合で立ちます。(これがあたりまえですが)

今回の志木の家は一階の床面積が約35坪、同じ坪数の一般的な家ですと柱が約70本となるはず。

ところが今回の志木の家、一階に柱が90本あります。

最近は儲けを増やす為に柱の本数を減らす工務店やハウスメーカーが増えてきているなか

何故志木の家は20本も多いのか?(柱は4寸5寸6寸8寸)

お客様に志木の家が冬あたたかい!!と言われている秘密はこれなんです!

呼吸ができる良い木をふんだんに使用する事!

その木が一度暖房のぬくもりを抱き込んでしまうと蓄熱されなかなか冷めないのです。

今日、施主様のお子さんが素手で木を触っていたので冷たくない?と聞いたところ

『ちゅめたくな~い!!』と元気に答えてくれました。

これなんですよね!! 木にはぬくもりがあるんですよ。

もしそれが鉄なら冷たくて素手では触ってなかったと思います。

今日みたいな気温ならなお更そうですよ。

そして棟木が上がり夕方になったところで親方が二階に上がり酒と塩で清め

よぉ~っ!!!!と粋なかけ声で家の四隅に掛け矢(大きい木槌)でビシッと

四方固めを行い家に気合を入れました。

粋な大工が造る粋な家!

完成が楽しみです。