自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

ヒートショックは誰のせい?

最近、ヒートショックという言葉をよく聞きます。

寒い日に、暖房が効いた暖かい部屋から寒いところに行った時「ゾクッ」とくるやつです。

それが人にとって深刻な疾患に繋がるようです。

そうならないために家中まんべんなく暖かい、と言うより寒くない程度にしておく。

この感覚が大事なような気がします。

ヒートショック…この疾患は最近の住宅に使われている「新建材」の賜物?ではないかと思います。

と言うのも。

多くの新建材は「蓄熱」しません。

極端な話、ステンレスやアルミ、プラスティック、ビニールに触れると「ヒャッ」とします。

それだけ体温が奪われている事になります。

表面がピカピカコーティングされている合板フローリングも蓄熱はせず、熱を奪う力の方が強いみたいです。

それに比べて無垢の木は、

「空隙・くうげき」

と呼ばれている部分の空気が温まればしばらく暖かいのです。

真冬に木を触ってもヒャッとしないと思います。

前置が長くなってしまいましたが、着工中の会津美里町の家もフローリングは、

無垢のスギ板を採用しております。

夏場、湿度を調節してくれて、冬は蓄熱する性質を持っております。

今のところ、志木の家OB様より好評です。

無垢の木の家はヒートショックを減らしてくれると私は思います。

自然素材の家 志木
星 英樹