自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

古民家再生

皆さんこんばんは! 志木の星です。

今日、書店に行ったら後輩夫婦に会い「どうも!久しぶりです!星さんのブログ家族で

見てますよ!」と嬉しい言葉をもらいました。

現在、彼は結婚して一児のパパ。昔、私と一緒にイタズラしてた『あくゆう』です。

そして後輩夫婦との会話で。 

  
後輩(昨日のブログで古民家風って言ってましたけど古民家をリフォームって出来るんですか?)
私(今年、ウチでやった古民家再生のbefore afterの写真があるからブログに載せてみるかい?)

後輩夫婦(スゲー!!見たい見たい!!!!テンションかなり高)

私(わかったわかった!!)

と言うことで今回のブログは志木で古民家再生して今年の春に完成した住まいの

before afterをご覧いただきます。

下の写真は玄関を入った時の様子です。

ホールbefore


 

ホールafter

リフォーム後の仕様は床フローリングは全て無垢の秋田杉の厚み4cm

柱や差し鴨居は残して敷居は交換、壁の白い部分は全て漆喰塗り。

建具は全て志木の建具職人による無垢材建具。

1Fキッチンbefore


 

  1Fキッチンafter


 

 こちらも白い部分は漆喰塗りで天上部の梁や根太は当時のままの物をそのまま利用。

磨けばこんなにきれいになるんですよね!!

リフォーム前は冬にキッチンでしぼったぞうきんを乾しておくと次の日の朝凍っていたと言う位

寒いキッチンでしたが今年の冬はあたたかいキッチンでお料理できる事でしょう!!

そもそもこちらの古民家は100年前に建築された家でした。

リフォームするにあたり会津の工務店さんなど数社相談したが壊して新しい家を建てた方がいいよ

と言われてリフォームは無理だ!とハッキリ断られたそうです。

建て主は何故そこまで古い家を再生したかったのか?

答えは簡単でした・・・『愛着があるから残したい』

我々、粋な大工としてはこの現場は腕の見せ所でして何より建て主の古い物を大事にしたいと言う

心意気に共感!!

しかし開けてビックリで建物のゆがみの直し方やそれに合わせた建具の製作などなど・・・。

他にも色々ありますが出来上がってみれば最高の古民家が完成しました!!

次回は2階の写真を載せてみたいと思いますのでお楽しみに!!

さて帰ろ。