自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

電磁波は安全

『電磁波は安全』以前から日本の政府や企業が言ってきていました。しかし、

子どもの寝室の電磁波を測定して白血病の発生率を調べてみると4ミリガウス以上発生している

部屋からは小児白血病の発生が4.73倍!!

小児脳しゅようは10.6倍!!
(小児白血病は血液中にガン細胞が発生し増殖した結果。貧血、鼻出血、感染症を起こしやすいなどの症状がでる)

このデータは日本の国立環境研究所が2003年6月に発表したデータです。

私なりに子どもと言うか赤ちゃんは大人に比べて感受性が高いからこれだけの結果になって

しまうのかなと思うところがあるのですが・・・。

ちなみにIH調理器は40~2000ミリガウス発生します。研究した4ミリガウスの最大で500倍です。

どう思いますか?

もちろんIHを使用している全員に当てはまるとは言い切れませんし、IHを目の前にして神経質に

なりながら毎日料理している方がよほど体には悪いような気もします。

結局、疑わしき物は避ける事に越した事は無いと私は思います。

さらには欧米でIH調理器はほとんど売られていません。

アメリカの大手ホームセンターに行っても日本のように販売されていませんしアメリカ人の

健康の不安はトップのエイズの次がなんと電磁波の脅威と言われています。

向こうは日本と違い国の保険制度が無い為、結局は自己責任自己防衛の意識が強いのだろうと

私なりに解釈してます。
(ほとんどの病院が予約制の為に受診するまで1ヶ月待ちもめずらしくありません。)

ちなみに日本ではお馴染みのシャワー付きトイレ、これもアメリカでは見た事がありません。

でもアメリカは広いからなぁ・・。

全くゼロではないかもしれませんがこれも何か訳がありそうなので調べてみたいと思います。

今の日本に謎や不信が多いような気がするのは私だけですかね!?

そして志木の現場(会津若松市)では布基礎の上に檜の土台敷きをしていました。

  

土台を座金と言う金物で固定して高さが均一になっているか全てチェック! 

ここまで来ると建て方はもう目の前です!!

気合が入ります!!