自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

若さの秘訣!

こんばんは! 志木の星です。

会津は雪が積り一気に冬らしくなってきました。

皆さん風邪ひいてないですか?(私は大丈夫です!!)

今日のお昼、みのもんたのおもいっきりイイテレビ!をみていたら静電気の事について

話していました。

この時期になるとドアノブを触った瞬間にビリッ!!

できることなら避けたいですよね!

そして番組の内容は静電気の解消法と静電気の体に対する影響を取り上げていました。

番組によると静電気が体にたまると様々な影響があると言ってました。

(髪の毛が痛む)
(肌荒れやシミの原因)
(疲れ、だるさの原因)
(アレルギーの発症)
(免疫力の低下)  

静電気が体に帯電するとこんなに悪いの・・・?

私が一番最初に思ったことは静電気の影響で(免疫力の低下)があるという事実。

免疫力とは体がカゼなどのウイルスから体を守る抵抗力の事ですが。

わが身を守るそれが弱くなるという事らしいです。(つまり病気になりやすくなる)

以前のブログでも言っていたIH調理器などのオール電化!

子どもがわずか4ミリガウスを定期的に浴びてるだけでで急性白血病の発症が正常に比べて

4倍にはねあがっています。脳腫瘍はなんと10倍です。(蛍光灯が100ミリガウス前後です)

大人と比べて子どもは感受性が高いのだろうと私なりに解釈してますが。
(このデータは国立環境研究所のデータです)

それと番組中、静電気による(肌荒れやシミの原因)とありましたが、

皆さん「メラトニン」という言葉、聞いた事ありますか?

メラトニンは「若さのホルモン」と言われています。

年齢の割りに「若い」と言われてる方はきっと脳のメラトニンが豊富なのでしょうね!!

そして人間が電磁波を浴び続けるとこの若さのホルモンのメラトニンが減少すると研究で

証明されています。
(乳ガンの女性のメラトニンの量を健康な女性と比較すると乳ガンの女性はこのメラトニンが
8分の1くらいしか無いといいます)

その結果、肌荒れやシミの原因になってしまうのでしょう。
(私的には女性にはいつまでも美しくいてもらいたいです)

それと番組中もう一つ気になったのが静電気による(アレルギーの発症)!!

体に帯電した静電気は家の中のホコリやダニ、カビなどを知らず知らず自分の体に吸い寄せて

いるらしいのです!

それを人間が吸いこみ咳やくしゃみ、鼻水などのいわゆるアレルギーに発展するという事実が

あるという事。

私達が普段生活していて動けば必ず静電気は起こると専門家の先生はおっしゃっていました。

しかし静電気を起こさないように毎日ジッとしている訳にもいきません!

そして番組では静電気を放電する為にドアノブを触る時には皮の財布でタッチしながら

開けるとか、

着替えの時のパチパチを解消するには片足を壁にタッチしながら着替えると言っていましたが

飲んで帰ってきたらケガしそうですよね!(私はよく頭をぶつけます・・・)

そして番組中、我々が着ている衣服でも静電気が発生しやすい生地と発生しにくい生地があると

いってました。

ポリエステルやナイロンなどは発生しやすく、綿や皮製品は発生しにくいようです。
(ちなみに志木の作業着も綿100%パチパチしません!)

つまり石油製品は直接的にも間接的にも体に悪いということみたいです。

それは住宅にも言える事だと私は思います。

よく壁に貼ってあるビニールクロス!あれも石油製品なので静電気が発生しやすく帯電

しやすい製品です。

ビニールクロスはホコリなどが寄りやすくそして離れにくいのは事実です。

それに比べ漆喰などの壁は静電気が発生しにくくさらに帯電もしにくい健康製品です。

ビニールクロス(石油製品)は見た目はきれいに見えても実際、アレルギーの人には

一番手に負えない建材だと思います。

それとビニールクロスと同じ位厄介なのが床板(フローリング)の表面にピカピカ塗装してある

石油を原料とした塗料!

あれもポリエステルやナイロンと同じく意外と静電気が発生しやすい建材です。

昔は解らなかった事が最近は研究が進んで色々と人にとって良いもの、悪いものが

解明されてきました。

志木の家では以前からお客様の健康第一を考え、極力石油製品は使わないようにしてます。

ビニールクロスは勿論、床板の表面に塗る塗料も原料が石油の塗料は使いません!

床板には植物性自然健康塗料を使用してます。

結果として今日の番組でやっていた静電気もIHなどから発生してる電磁波も似たり寄ったりで

兄弟みたいなものだと私は思います。

今の世の中プラスチックやビニールなどの石油製品を使わないで生活すことは不可能ですが

極力、石油製品を使わないで住まいを造りあげる事は可能です。

衣 食 住を考えれば考えるほどどれにも共通して石油製品は体にとっては悪いということが

明らかになってきてます。

そして今日、志木の家の現場(会津若松)にはフローリングに使用する床板(杉)が

運び込まれました。

今回の志木の家に使用する床板の厚みはいつも通り4センチ、

そして床板1枚の幅が15センチ。

この床板も静電気を抑えるのに一役かっています。

あまり神経質になりすぎるのも体に毒と思いますが体に害があるものが多く販売されている今日、

買い手も勉強しておくに越したことはないと思います。

それでは今日はこの辺で終わりにして帰ってみます。

みなさんお疲れ様でした~!!