自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

刃物まつり

皆さんこんばんは!  志木の星です。
志木では先週の11日(土曜日)~13日(月曜日)まで日本の建築、そして歴史を見てこよう
と言うことで社員全員で東海地方と加賀百万石金沢に行ってきました。
初日の11日はちょうど岐阜の関市で刃物まつりが開かれていると聞いて予定を変更して
関市まで足を伸ばしてきました。
出発時に雨が降っていましたがそれがウソの様に晴れて日中の気温は26℃まで上がりました。
市場で売られている物は包丁がほとんどで我々大工や建具職人が仕事で使う鋸や鉋などは
売られていませんでしたが皆の目の保養にはなったと思います。
ちなみに私は爪切りと刺抜きを、奥さんがいる人は包丁などを購入していたようでした。
そしてその日は関市を後にして一同岐阜市へ!
岐阜市は駅に一つだけ大きく背の高いビルがありましたが近くの商店街のシャッターは
9割以上が閉まっていて人もまばらで少し寂しく感じました。
ん~俺が昔に来た時と様子が違うなぁ・・・。
あの時も昭和の香りがアッチコッチに残ってはいましたが・・・。
と言うのも私、数年前に名古屋市に住んでいた時期がありその時に何度か岐阜市には
来た事があったのです。
でもその日の夜は名古屋にいた頃の友人と久しぶりに再会できて男3人、それぞれの
熱い想いと夢を語り最後は固い握手をして次の再会を誓いました!!
話は違うほうへ行ってしまいましたが研修2日目は白川郷に行ってその後、金沢入りする予定
でしたが東海北陸自動車道で渋滞して結局行く事は出来ませんでした。
(普段車で10分で着くところを2時間以上かかると言われまして白川郷は断念。
これから白川郷に行く方、行楽シーズンは覚悟を決めて行って下さいね!!)
そしていよいよ我々は東海北陸自動車道から北陸自動車道へ!
念願の加賀百万石金沢へ!!
金沢は私の住む会津と一緒で城下町、その城下町には以前から見たかった前田家が築いてきた
茶屋街や日本三代庭園の一つ兼六園があり今回はその2ヶ所をじっくりと見てきました。
今日はその一つの兼六園の写真をupします。
ここは何とも言えない心落ち着く癒しの場所でした。
(写真から少しでも感じが伝わればいいなと思いますが・・・。)
次回は兼六園で発見した『何だこれ?』の写真とひがし茶屋街をupしたいと思います!
興味のある方はお楽しみに!!