自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

志摩

皆さんこんばんは! 志木の星です!!
今日のブログも昨日に引き続き金沢、そしてひがし茶屋街をブログしてみたいと思います。
まず一番上の写真がひがし茶屋街のメイン通りです。
実際にそこに立ってみると自分が時代劇の中にいるような錯覚をおこしてしまいそうです。
そして私が目についたのはどこの建物も外から中が丸見えにならないようになのか?
正面飾りには格子戸が取り付けてありました。
志木の家でもおなじみの千本格子ですがこちらの地方では加賀格子と呼ばれています。
(志木の家のブログの『千本格子の玄関戸』6/26写真を参考にして下さい)
う~ん・・・この格子戸という物は外から見ても、中に入って見てもまさに繊細優美としか
言い様が無いと自分の会社で同じ物を作っておきながら改めてその良さを感じました!!
そしていよいよ国重要文化財の『志摩sima』以前から一度は見て来なさいと言われてた茶屋建築。
志摩は今から188年前の建物で茶屋として残っているのは全国的にもここだけなのだそうです。
しかも当時の建築物と言えば平屋が当たり前で二階建ては困難だと聞きました。
まさに加賀大工の心意気でしょう!
中に入ると2階が客間になっていて押入れや物入れが無くあくまでも謡曲、琴、三弦などの
演舞の場になっています。
この場に武士や上流階級の町商人が通っていたのかぁ!すげーなぁ!!まぁこんな感じです。
そして床や柱、鴨居などを見ても全てに漆が塗ってあり、
座敷の壁には真っ赤な紅殻(ベンガラ)が塗られとても艶やかです。
志木の皆もそんなに見たら壁や襖などに穴でも空くんじゃないの?って位に真剣に見てました。
しかしそんな空間にも漆をかけてない白木造りの部屋がありました。
説明を見るとこの部屋は影笛という笛の音だけを楽しむ空間で数奇屋造りであっさりとした
部屋で当時の人達の粋が伝わってきました。
遊びも真剣だったんですね。
そして一階には囲炉裏や井戸、中庭などがあり二階に比べて天井も低く質素、あくまでも二階が
メインのスタイル!
しかも茶屋遊びは『一見さんお断り』これもなかなか面白いスタイル!
さらにここの支払いはツケといい、お互いの信頼で成り立つ遊び。
ここで遊ぶにはお客も教養を身に着けていないと話しにならないのである。
まさに芸妓さんとお互い真剣勝負!!
現代でも似たような事がありそうですが・・・。
『志摩』今度は個人的に足を運びゆっくり見たいです。
※志摩の建物内部は少し薄暗いのでフラッシュを使わないで写真撮影をするなら三脚を
 持って行かれるのをお勧めします。
 私は撮影に少しだけ手こずりました。参考までに!