自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

インフルエンザと木の関係

今年も流行っていますね、インフルエンザ!

会津若松市内の病院にもインフルエンザ警報の張り紙が張られています!

大人も子供もマスクをしている人が年々増えているような気もしますね!

私はと言うとここ3~4年の間、風邪と言うかインフルエンザにかかっていません!

特別清潔にしている訳ではないのですが…!!

ところで木材にインフルエンザ発生を抑制するチカラがある事をご存知でしょうか?

以前、鉄筋コンクリート校舎と木造校舎とでインフルエンザの発生率を調査したデータがありました。

木造校舎ではインフルエンザ発生率が鉄筋コンクリート校舎の半分以下と言う事です。

おそらく無垢の木の持っている『調湿効果』のお陰と思います。

これは校舎ばかりでなく『住宅』にも言える事と思います。

大事なのは同じ『木』を使うのしても表面がピカピカコーティングされた『木』では無く、

『自然なままの無垢の木』であると言う事が大事。

写真は喜多方の家の無垢フローリング材です。

志木の家では秋田杉の床材は4cmの厚みがあります。

もちろん、コーティングはされて無く、『木』そのものです!

サラッとしてて裸足が気持ちイイですよ!!

自然素材の家 志木siki

星 英樹