自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

無垢のフローリング (桐と杉)

会津若松市の家、無垢フローリング施工中です。

でも、いつもとフローリングの張り方が違いますね!

今回は下地に桐板を張り、その上に無垢スギを張りました。(写真は表面の無垢スギです)

ほとんどの住宅メーカーは床の下地に合板(ベニヤ板)を張ります。

そしてその上にフローリングを施工するのがほとんどと思います。

業者側から見れば下地に合板を使ってしまえば施工が楽で良いのですが!

合板を多用することでその後の住み心地としては良くないのです。

ベニヤ臭もしますしね!!

今回あえて見えなくなる下地に無垢の桐を貼る最大の狙いは!

家の中の『ぬくもり感』です。

ずいぶん昔に施工した家のフローリングがこの施工方法でした。

冬、訪れた時に居心地が良かったのを思い出して今回施工に至りました。

いくら家の中があたたくても居心地が悪くてはかないません!

問題は居心地です!

最先端を追うばかりではなく、昔を振り返ってみるのもアイデアとして良いのかもしれません。

木、自体は発熱しませんが蓄熱する力はあります。

特に桐はその力が強いと言えます。

ついでに桐も杉の赤身(芯材)と同じく虫がつきにくいと言われていますね!

昔から大事なものは桐たんす、桐箱に入れると良いと言われています。

アッそうそう!

昨日、志木の家OBの施主様が事務所に遊びに来てくれました!

今年の酷暑、エアコンレスで大丈夫でした。と喜んでました!!

嬉しいご報告でした^^

自然素材の家 志木
星 英樹