自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

お知らせ!

少し前にツイッターにも書きましたが、

コロナウイルスにおける影響が建築業界にも出てきております。

各設備、建材主要メーカーより資材・部材の供給遅延の発生のお知らせが届いております。

施主様にご面倒ご迷惑をお掛けする場面がある場合、その時は全力で解決に向けて

努力したいと考えております。

全製品では無いようですが一刻も早い終息を願うばかりです!

さて、会津坂下町の新築工事現場ではフローリング施工中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志木の家の標準仕様であります、厚みが4cmの秋田スギの床材です!

完成見学会など行うと必ず聞かれるのが『床暖熱ですか?』『基礎断熱ですか?』

のご質問ですが床下も基礎も断熱しておりません。

と言うと大体皆様驚かれます!!

細かい細工は多々ありますが床下には透湿シートのみです。

湿気は逃がしますが、雨水や風は入れません、と言うものです。

足元や部屋がヒンヤリしないのは床板自体の4cmの厚みで断熱されています。

本当は無垢板の厚みが3cmあれば断熱は十分とされていますが、

志木の家では余裕をもって4cmを使っています!

しかも秋田スギ!

一般にはあまり知らされていませんが、

全国で住宅床下のカビ、結露問題がやたらと多く発生しているらしいのです。

ほとんどは高気密工断熱工法です。

施工ミスもありますが、住まい方などによっても影響が出るらしいです。

床下換気設備もありますが、空気ってそんなに都合良く動かないんですよね。

この問題は一度発生すると根本的な解決が非常に困難と聞きました。

新築引渡しして数ヶ月でリフォームと言う事例があるそうです!

ウソみたいな本当の話です。

コロナも嫌ですがカビも嫌ですよね!!

 

 

自然素材の家 志木siki

星 英樹