自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

ハイブリッド無垢フローリング。

志木の家の柱や梁などの構造材は吉野杉の自然乾燥材を用いていますが、

秋田杉のフローリングなどは人工乾燥を行なっています。

人工乾燥、とは言っても志木の場合は屋外で自然乾燥させた後に、

板壁の超低温乾燥室でじっくり時間をかけて乾燥させています。

乾燥窯の内部温度は45℃です。

自然乾燥材の柱を使用するだけでも贅沢と言われていますが、さらに自然乾燥と

超低温乾燥させたハイブリッド木材を使用しています。

一般的な量販の無垢フローリング材は100℃~の高温乾燥で一気に短時間で木の水分と精油成分を

取り去りますので天然成分であります防虫、防カビ効果が無くなってしまいます。

そういった木はもちろん調湿もほとんどしなくなります。

そういう木材は白アリにも弱くなりますので『防蟻剤』を使わなくてはなりません。

農薬にも使われている、ネオニコチノイド系の薬剤はもっての外です。

自然乾燥と45℃の超低温乾燥を組み合わせたハイブリッドフローリングはもしかしたら

日本で志木だけかもしれませんね!

何より志木の家のエンドユーザーの為に手間隙を惜しまない秋田の材木屋さんには

感謝しかありませんね!!

現在施工中の会津若松市東年貢町の家はちょうど秋田杉のフローリング施工中でした。

お施主様の健康の為、こだわりぬいた本物の無垢秋田杉フローリングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志木の家で生活するお客様家族には健康的で快適に生活を楽しんでいただきたいものです。

 

自然素材の家 志木siki

星 英樹