自然素材の家・国産木材使用の注文住宅|会津の工務店・株式会社 志木

千本格子の玄関戸

先日、志木の建具部では志木の家(会津美里町)の千本格子の玄関戸が作られていました。
普段はアルミサッシを見慣れてる方が多いと思いますが…千本格子これがなかなか味があって
いざ玄関に建て込みしますと光と影のバランスが絶妙で『風流』という言葉が
ピタッと当てはまると思いました。
志木の建具は戸の枠は勿論、格子の部分もすべて既製品ではなく1本の木(角材)から製作に
取り掛かります。(材料は吟味に吟味を重ねて選ばれた材料を使います)
そして加工した材料(木材)をタンタンタン!!と組んでいくのですがきつくても駄目、
ゆるくても駄目! そのへんの感覚は職人の『勘』なんだろうと思います。
皆さんが普段毎日のように開閉している『戸』見つめるとなかなか奥が深いです。
そしてこの志木の家(会津美里町)がいよいよ来月に完成内覧会を行う事に決定しました!!
日程は平成20年7月12、13日(12日はpm8時までがんばります)
まだブログでは全貌をお伝えしていませんがここの家、写真の玄関戸を開けると
畳を敷く事になっています。(京都の料亭を思わせるような…)
なので勝手に私が名前をつけました 『おもてなしの家』 どうでしょうか?
内覧会当日は私も現場に行ってますので是非どうぞ!!